Microsoft Office(WordやExcel等)の保存先を変える


 Microsoft Officeのデフォルトの保存先は「C:\Document and Setting\ユーザ名\My Documents」になっています。このDocument and Settingの実体はプロファイルにあり、プロファイルのサイズが大きくなると、ログオン・オグオフに非常に時間がかかったり、ログオン・ログオグが失敗するといった障害が発生します。また、プロファイルは上記のようなトラブルが発生した場合、ファイルが消えてしまう恐れがあります。そのため、Ofiiceの保存先は、「U:\」のホームディレクトリにすることをお勧めします。



 

デフォルト保存先の変え方(Wordの場合)


1.Wordの[ツール]メニューの[オプション]を選ぶ


2.[既定のフォルダ]タブを選択し、文書の項目をダブルクリックする。保存先の指定をU:\に変える


ワード以外のオフィス関連ソフトもほぼ同様の作業でデフォルトフォルダを変更することができます。