メール送信ウィンドウでの操作

ツールバーアイコンとショートカットキーについては、こちらをご覧ください。

1)グループフォルダ内の「送信箱」アイコンをクリックします。アイコンをダブルクリックするとその内容がメールフォルダの内容一覧となって表示されます。



2)メールフォルダ内には、そのフォルダに収容されているメールの一覧がリストアップされます。また、各行の左端についているマークでそのメールのステータスがわかります。

送信控えメール 送信控えアイコン
送信待ちメール 送信待ちアイコン
編集途中メール 編集途中アイコン
※注意
編集途中アイコンまたは 送信待ちアイコンの付いたメールは、「送信箱」フォルダから移動しないで下さい。他のフォルダに移動すると再編集とメール送信が出来なくなります。


3)「新規作成」をクリックすると、以下のウインドウが表示されます。画面左上の題名の項目にメールの題名を簡潔に記述します。



4)メール送信ウィンドウ左上の宛先の項目に送信先のメールアドレスを記述します。宛先にはカンマ ',' で区切って複数の宛先を指定する事ができます。同時に他の人にも参考として同じメールを送る必要があれば同報に送信先のメールアドレスを記入します。

「ツール」「オプション」ダイアログの「その他」「ポップアップメニューの拡張機能を有効にする」をオンにするとポップアップしたアドレス帳のグループ上でクリックした時に、そのグループに含まれるメールアドレス全てを一度に入力されるようになります。また、同じ「その他」「アドレス帳から宛先を入力する際に見出しも併記する」をオンにするとアドレス帳からの転記時に見出し名も含めてコピーされます。


5)面下半分は本文を記述するための領域です。

※注意
本文に半角かな文字が有った場合には送信時に自動的に全角文字に変換されますが、機種に依存する文字(PC98やWindows3.1/95/NTでの丸付き数字等)、罫線素辺等、メールの受取人側で正しく表示されない恐れの有る文字は使用しない様にしてください。また、欧文のメールを作製する場合には、あらかじめメニュー[表示]・[フォント]でポップアップする「フォントの設定」ダイアログで書体の種類を欧文に切り替えて下さい。(現状ではまだ実装が完全ではないので、欧文のメールは正しく送信されません。)



6)メール送信ウィンドウの送信ボタンをクリックすると、送信待ちの状態で送信箱に保存されるます。メールの受送信アイコンをクリックして送信してください。


戻る   進む