添付ファイルの復元

「メールVIEW」ウィンドウでファイル添付されているメールを開くと、ウィンドウ下方に添付されたファイルのアイコンが自動的に表示され、本文中には以下の表示が行われます。

―――――― このメールにはファイルが添付されています ――――――

目的のファイルを復元するためには、以下の2通りの方法があります。状況に応じて使い分けてください。


・メニューから操作
メニュー[メール]の[添付ファイル展開]を選択します。複数のメールが添付されていた場合には展開するファイルを選択するダイアログがポップアップし、ついで展開先ディレクトリを指定するダイアログがポップアップします。複数の添付ファイルをまとめて一度に展開したい場合や、添付ファイル数が多く「メールVIEW」ウィンドウの下方に収まりきらない場合にはこの方法がを使用して下さい。添付ファイルが1つだけの場合には「添付ファイル展開」ダイアログが開きますので、出力先とファイル名を指定して下さい。

・マウスによる操作
ウィンドウ下方に表示されたファイル名のアイコンを左クリックまたは右クリックでポップアップするメニューから[添付ファイル展開]を選択すると「添付ファイル展開」ダイアログが開きますので、出力先とファイル名を指定して下さい。「添付ファイル展開」ダイアログからは添付されたファイルの拡張子への関連付けによりアプリケーションを起動して添付ファイルを開くことも出来ます。


添付ファイルの設定

・メニューから操作
メニュー[ファイル]の[ファイル添付]を選択します。
「添付ファイルの設定」ダイアログが現れますので、[追加]ボタンを押して添付したいファイルを選択し、エンコード形式等を設定して[OK]ボタンを押して下さい。

・マウスで操作
添付したいファイルをファイルマネージャ等からドラッグしてきて「メール送信」ウィンドウ上に落とします。すると「添付ファイルの設定」ダイアログが現れますので、エンコード形式等を設定して[OK]ボタンを押して下さい。

なお、添付されたファイルは「メール送信」ウィンドウの下方のステータスバーに表示されます。また、ファイル添付形式の指定、送信時のメール分割の有無、及びファイル添付の取り消しは}「添付ファイルの設定」ダイアログで行います。

メールへのファイル添付に関しては相手との互換性が問題となります。「添付ファイルの設定」ダイアログで正しい相手先メーラを選択すれば、通常は問題なく相手先で復元できるはずですので、正しく選択してください。「添付ファイルの設定」ダイアログにないメーラを相手が使用している場合には、相手が復元可能なエンコード形式をあらかじめ問いあわせた上で、相手の復元可能なエンコード形式を使用して添付ファイル付きメールの送信を行ってください。
また、分割の有無によらず、大きいサイズ(だいたい1MB以上)の添付ファイル付きメールをインターネット上に直接流すことは、メールサーバやネットワークのダウンの原因となり得ますので、大きいサイズのファイルを送る必要がある場合にはftpや宅配便等、他の手段も必ず検討した上で使用して下さい。

添付するファイルにはワープロの文書ファイル等を直接指定することも可能ですが、メールの配送経路のホストに負荷を増大させる原因となりますので、不都合のない限りは圧縮された書庫の形式で送るよう心掛けて下さい。


AL-Mail ホームへ