ファイル転送手順 (ReflectionFTP )

ReflectionFTPを使用してファイル転送を行う手順を以下に示します。


0.概要

1.ftpプログラムの実行

1.1.「FTPサイトに接続」ダイアログボックス
1.2.接続一覧に新しい FTP サイトを追加するには
1.3.定義済 FTP サイトに接続するには
1.4.FTP サイトの既定ホームディレクトリを設定するには
1.5.Reflection FTP クライアントの複数インスタンスを実行するには
1.6.FTP サイトへの接続時に使用する情報を設定するには
2.ファイルの確認
2.1.コンピュータ上のフォルダおよびファイルを見るには
2.2.FTP サイトのフォルダおよびファイルを見るには
3.ファイルの転送
3.1.ドラッグ &ドロップ機能を使って複数フォルダまたはファイルを転送するには
4.バイナリーファイル(画像ファイル、実行ファイル等)の転送

5.サブディレクトリの作成

6.サブディレクトリの削除

7.FTPの終了

8.その他


0.概要

Reflection FTP を使用すると、PC ワークステーションとホストサーバ間のファイルの移動が、FTP の性能を利用して高速で実現できます。Reflection FTP は TCP/IP を介して (DECnet やシリアル接続ではなく) ファイルの転送を行うことができます。また、Reflection FTP を使用して、PC ワークステーションをネットワークコンピュータ上の FTP クライアントとして、ほかの実行中の Windows アプリケーションと合わせて実行させることができます。さらに、Reflection FTP を使用すると、UNIX、VAX、IBM、HP その他のホスト上の FTP サーバに接続することができます。高速の FTP 転送は、大きなファイル (例えば、フォントなど) やファイルのグループの転送に特に便利です。

トップに戻る


1.ftpプログラムの実行 

Reflection FTP クライアントを起動するには、次のいずれかを実行します。

  • [スタート] - [プログラム] コマンドを選択します。FTP クライアントが保存されているフォルダ (通常は Reflection) を選択して [FTP クライアント] をクリックします。
  • デスクトップで、Reflection FTPクライアント のショートカットをダブルクリックします。
1.1.「FTPサイトに接続」ダイアログボックス

定義されているすべての FTP サイトを一覧表示するこのダイアログボックスは、FTP クライアントの起動時に表示されます。このダイアログボックスは、サイトに接続されていない時に [接続] - [接続] コマンドをクリックして表示することもできます。

  • 定義済みの FTP サイトに接続するには、接続したいサイト名をクリックしてから [接続] をクリックします。サイトに接続されたら、そのサイトの設定値に基づいて通信が行われます。
  • 接続したいサーバが一覧にない場合は、[新規サイト] をクリックして [FTP サイトの追加] ウィザードを起動します。
  • サイトの一覧から FTP サイトを削除するには、削除したいサイト名をクリックしてから [削除] をクリックします。
  • サイトの一覧で FTP サイトの名前を変更するには、名前を変更したいサイト名をクリックしてから [名前の変更] をクリックします。
  • サイトの現在の構成設定を表示または変更するには、そのサイト名をクリックしてから [プロパティ] をクリックして、[<サイト名> のプロパティ] ダイアログボックスを開きます。

トップに戻る

1.2.接続一覧に新しい FTP サイトを追加するには
  1. [接続] - [接続] コマンドをクリックして、[FTP サイトに接続] ダイアログボックスを開きます。
  2. [新規サイト] をクリックして、[FTP サイトの追加] ウィザードを起動します。 次の情報を入力するように求められます。
    • FTP サーバのホスト名または IP アドレス
    • そのサーバでのユーザ名とパスワード (登録ユーザとしてログオンする場合)
    • 電子メールアドレス (anonymous ユーザとしてログオンする場合)
  3. ウィザードが要求する接続情報を指定します。

    注意: Proxy サーバ経由でサイトへ接続するなどの詳細接続オプションを設定するには、[詳細設定] ボタンをクリックします。

トップに戻る

1.3.定義済 FTP サイトに接続するには

[FTP サイトに接続] ダイアログボックスのオプションを使って、FTP サーバに接続します。

  1. [FTP サイトに接続] ダイアログボックスが開いていない場合は、[接続] - [接続] コマンドをクリックします。
  2. [名前] 欄で、設定したいサイトをダブルクリックします。
FTP クライアントは、このサイトに対して定義されている接続情報を使ってサーバに接続し、ログインします。

トップに戻る

1.4.FTP サイトの既定ホームディレクトリを設定するには

[<サイト名> のプロパティ] ダイアログボックスの [ディレクトリ] タブのオプションを使って、FTP クライアントとサーバ両方の既定のホームディレクトリを設定することができます。FTP サイトに接続する際、左右画面には、指定された既定ホームディレクトリの内容がそれぞれ表示されます。

トップに戻る

1.5.Reflection FTP クライアントの複数インスタンスを実行するには

別の FTP クライアントを起動してください。FTP クライアントは、一度に 1 つの FTP サーバしか接続することができません。頻繁に接続する各サーバに対して、それぞれ Reflection FTP のショートカットを作成することができます。

デスクトップ上に FTP クライアントのショートカットを作成するには、

  1. FTP クライアントでサーバに接続します。
  2. [ファイル] - [ショートカットの作成] コマンドをクリックします。
FTP クライアントの各プログラムアイコンは、プログラムマネージャにそれぞれ別に表示されるため、個々のアイコンをダブルクリックすることにより、複数の FTP サーバを同時に開くことができます。同時に開けるセッション数は、構成されたネットワークセッションの数とシステムメモリの容量によって制限されます。

トップに戻る

1.6.FTP サイトへの接続時に使用する情報を設定するには

詳細については、以下の各項目を選択してください。

  • FTPアドレス
    [FTP アドレス] ボックスを使って、ログインする FTP サーバ名を指定します。
    ローカルネットワーク上にドメインネームサーバがなく、Hosts ファイルも使用していない場合は、FTP サーバの完全な IP アドレスを指定しなければなりません。例えば、124.24.36.85 のように指定します。
  • anonymous
    ユーザ名「anonymous」を使って外来者として FTP サーバにログオンするには、[anonymous] を選択します。
    サーバに接続するために使用する [パスワード] は、既定で [オプション] ダイアログボックスの [一般] タブで指定されたパスワードになっています。通常、既定の anonymous パスワードは、電子メールアドレスです。FTP サイトで電子メールアドレス以外のパスワードが使用されている場合は、そのサイトのパスワードをこのタブの [パスワード] ボックスに入力してください。
  • ユーザ
    登録ユーザ名を使って FTP サーバにログオンするには、[ユーザ] を選択します。このサイトへのログオンに使用するユーザ名を入力してください。
  • パスワードを保存
    パスワード情報は機密情報であるため、FTP サーバのパスワードを Windows レジストリに保存するかどうかを指定することができます。
    • 登録ユーザとしてログオンする場合
      • パスワードを保存しておいてこのサイトにログオンする時に毎回使用するには、[ユーザ] ラジオボタンを選択します。[パスワード] ボックスでは、パスワードとして入力した文字はアスタリスク (*) で表示されます。パスワードは Windows レジストリに暗号化されたテキストとして保存されます。
      • Windows レジストリにパスワード情報を保存したくない場合は、このチェックボックスをクリアします。レジストリにこのパスワードが保存されている場合は、削除されます。このチェックボックスが選択されていない場合は、この FTP サイトに接続する時に毎回パスワードを入力するように求められます。
    • anonymous ログオンでは、このチェックボックスは使用できません。すべてのサイトに接続するために使用される既定の anonymous パスワードは、[オプション] ダイアログボックスの [一般] タブで指定されています。既定以外のパスワードを使用するには、そのサイト固有のパスワードを [パスワード] ボックスに入力してください。サイト固有のパスワードは常に保存されます。
  • パスワード
    [パスワード] ボックスで、現在の FTP サーバに接続するために使用するパスワードを指定します。
    • キ このサーバに登録ユーザとしてログオンする場合は、パスワードとして入力した文字はアスタリスク (*) として表示されます。大文字と小文字を区別するサーバの場合は、[パスワード] の値に大文字と小文字を正しく入力してください。
    • キ このサーバに anonymous としてログオンする場合は、[パスワード] ボックスには、[オプション] ダイアログボックスの [一般] タブで指定された anonymous パスワードが自動的に入力されます。通常、既定の anonymous パスワードは、電子メールアドレスです。既定以外のパスワードを使用するには、そのサイト固有のパスワードをここに入力してください。
    ヒント
    • [パスワードを保存] チェックボックスが選択されていない場合は、[パスワード] ボックスは使用できません。この場合、この FTP サイトに接続する時に毎回パスワードを入力するように求められます。
  • セキュリティ
    [セキュリティ] ボタンをクリックして、[セキュリティのプロパティ] ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスでは、このサイトに接続する時に FTP クライアントが各種のセキュリティ機能を使用する方法を構成することができます。
    [セキュリティのプロパティ] ダイアログボックスでは、Proxy または中継サーバ経由で接続を行うかどうか、WRQ のReflection Signature? 製品で利用できる Single-Sign On 機能または Kerberos クライアントを使用するかどうかを指定することができます。

トップに戻る


2.ファイルの確認

2.1.コンピュータ上のフォルダおよびファイルを見るには

  1. FTP クライアントを起動します。
  2. FTP クライアントウィンドウの左画面上で [マイコンピュータ] アイコンをダブルクリックします。
  3. 内容を見たいドライブのアイコンをダブルクリックします。
    左画面にそのドライブ上のフォルダとファイルが表示されます。フォルダには、フォルダ、ファイル、プログラムを保存することができます。
  4. フォルダまたはファイルを開くかプログラムを起動するには、それをダブルクリックします。

2.2.FTP サイトのフォルダおよびファイルを見るには

  1. FTP クライアントを起動して、FTP サイトに接続します。
    右画面に、そのサイト上でアクセスを許可されているフォルダとファイルが表示されます。フォルダには、フォルダ、ファイル、プログラムが保存されています。
  2. フォルダまたはファイルを開くかプログラムを起動するには、それをダブルクリックします。ファイルの内容を表示したりプログラムを実行する場合は、サーバから Reflection ソフトウェアがインストールされているフォルダ内の User\Cache フォルダにそのファイルがコピーされます。

トップに戻る


3.ファイルの転送

複数フォルダまたはファイルを選択してドラッグする手順は、FTP コンピュータ、Windows エクスプローラ、マイコンピュータ、FTP クライアントアプリケーションのどのファイルでも、常に同じです。ファイルの一覧で連続した複数ファイルを選択するには [Shift] キーを押しながら選択したい最初のファイルと最後のファイルをクリックし、連続していない複数ファイルを選択するには [Ctrl] キーを押しながら選択したいファイルを 1 つずつクリックしていきます。選択した複数フォルダまたはファイルのうちの 1 つを選択解除するには、[Ctrl] キーを押しながらそのフォルダまたはファイルをクリックします。

3.1.ドラッグ & ドロップ機能を使って複数フォルダまたはファイルを転送するには

スタンドアロンの FTP クライアントアプリケーションを使用している場合は、次のいずれかの方法でファイルを転送します。

  • サーバフォルダとファイルを PC にコピーするには: FTP サイトに接続してから、右画面でコピーしたいフォルダとファイルを選択します。選択したフォルダとファイルを FTP アプリケーションの左 (ローカル) 画面上でコピー先のファイルの一覧またはフォルダにドラッグします。
  • PC フォルダとファイルを FTP サーバにコピーするには: FTP サーバに接続してから、左画面で転送したい PC フォルダとファイルを選択します。選択した PC フォルダとファイルを FTP アプリケーションの右 (サーバ) 画面上のコピーしたい先のフォルダまたはファイル、Windows エクスプローラ上の FTP サーバフォルダ、または FTP コンピュータ上の FTP サーバフォルダにドラッグします。

トップに戻る


4.バイナリーファイル(画像ファイル、実行ファイル)の転送

画像ファイルや実行ファイル等を転送する際、転送モードを「アスキーモード」から「バイナリーモード」に変更してから、転送します。ファイル転送方式を設定するには、次の手順に従います。

  • FTP 実行中に、現在の転送方式がステータスバーの右側に示されます。ファイルを転送する前ならいつでもファイル転送方式を変更できます。[ツール] - [転送方式] コマンドを選択して、[テキスト]、[バイナリ]、[Tenex (ローカル8)]、[スマート] のいずれかをクリックします。転送方式では、ファイル転送中のファイルの保存方法およびデータの処理方法を指定します。

5.サブディレクトリの作成

各個人以下のディレクトリであれば、自由にサブデレクトリを作成する事ができます。 次の手順で現在作業中の画面に新しいフォルダを作成します。

  1. フォルダを作成したい画面 (右または左画面) をクリックします。
  2. 新しいフォルダを作成するフォルダを開きます。
  3. [新規フォルダ] コマンドをクリックします。
  4. 新しいフォルダ名を入力してから [Enter] キーを押します。

トップに戻る


6.サブディレクトリの削除

フォルダを削除するには、

  1. 削除したいクライアントまたはサーバフォルダを選択します。
  2. [ファイル] - [削除] コマンドをクリックします。
  3. FTP クライアントは、選択されたファイルを削除してもよいかどうかを確認します。ファイルを削除するたびにこの確認を求められないようにするには、[オプション] ダイアログボックスの [ユーザ設定] タブで [ファイル削除の確認ダイアログボックスを表示する] チェックボックスをクリアします。

トップに戻る


7.FTPの終了

[接続]-[切断] コマンドを選択すると、FTP サーバへの接続が切断されます。これによって、FTP クライアントとサーバ間の通信リンクが切断されます。

また[ファイル]-[終了] コマンドFTP クライアントを終了し、アプリケーションを閉じます。この時、FTP サーバが接続状態であれば、アプリケーションが終了した時点で接続も切断されます。

トップに戻る


8.その他

Reflection FTP のオンラインヘルプには、ユーザインタフェース (ツールバー、メニュー、ウィンドウの外観、およびダイアログボックス) に関する情報に加えて、FTP サーバへの接続方法、処理するファイルの選択方法、またクライアントおよびサーバファイルの表示、転送、削除の方法などの説明があります。また、オンラインヘルプには、使用可能な FTP コマンドおよび SET パラメータについて必要な参照がすべて提供されています。

Reflection FTP のヘルプには、以下の 4 つの表示方法があります。

  • ツールバーの [?] ボタンをクリックします。
  •  [F1] キーを押すと、現在のダイアログボックスまたはウィンドウのヘルプが表示されます。
  •  [ヘルプ] メニューからコマンドを選択します。
  •  FTP コマンドラインに help と入力し、すべてのコマンドの一覧を表示します。

トップに戻る


(c)1993-1998 WRQ, Inc.

以 上