OutlookExpressを使用する学生は以下に示す設定を行ってください。 Outlookexpressの[ツール]メニューの[アカウント]を選択してください。(図1) すると図2のようなダイアログが現れます。

図1 メニュー選択


図2 オプションダイアログ

 図2のダイアログの中で「ECIP01」をクリックし選択します。 右側の[プロパティ]をクリックするとダイアログが図3のようになります。 図3中で赤丸で囲ってある名前を自分のアカウント名に、メールアドレスを自分のメールアドレスに変更する。 

図3 ECIP01のプロパティ(全般)

 次に[サーバー]タグをクリックすると図4のようになります。図4中のアカウント名を自分のアカウントに変更します。パスワードを保存する場合は[パスワードを保存する]にチェックをつけて、パスワードを入力してください。(図4)

図4 ECIP01のプロパティ(サーバー)

次に[IMAP]タグをクリックすると図5のようになります。図5中の[ルートフォルダのパス(F)]を赤丸の中のように変更します。(図5)

図5 ECIP01のプロパティ(IMAP)

図6中の[ECIP01]をダブルクリックすると、必要な情報を集め始め、終わると[受信トレイ]が表示されます。受信トレイをクリックするとメールが表示され読むことができます。(図6)

図6 ECIP01をダブルクリック

注意
設定について下記の確認を行ってください。 Outlookexpressの[ツール]メニューの[オプション]を選択してください。(図7) すると図8のようなダイアログが現れます。

図7 メニュー選択


図8 オプションダイアログ

 図8のダイアログの「送信」タブをクリックしてください。 送信タブをクリックするとダイアログが図9のようになります。 次に図10中で赤丸で囲ってあるほうの「テキスト形式の設定」をクリックしてください。 クリックすると図10のようなダイアログが現れます。

図9 送信オプション

 図10のダイアログ中のエンコード方法の設定が「なし」になっているかを確認し「なし」になっていないのであれば、エンコード方法の設定を「なし」にしてください。(図10)

図10 テキスト形式の設定