セキュリティパッチの必要性


セキュリティホールの存在

 現在、多くのソフトは新しい機能を次々と追加する傾向にあるため、プログラムがどんどん肥大化しています。ソフトの開発時に開発者が予測できなかったセキュリティ上の不具合が、ソフトの公開後に多数のユーザーがさまざまな環境で使っていくうちに発見されるのです。こういったセキュリティ上の不具合は、一般に“セキュリティホール”と呼ばれています。

 セキュリティホールは、ほぼ毎日いろいろなソフトで発見されています。新しいプログラムは可能な限り不具合がないか確認されてユーザーに公開されますが、開発者による事前の不具合確認には限界があり、公開後にセキュリティホールが発見されることは後を絶たず、したがってセキュリティ上の不具合を考えなくてよい完全なプログラムは存在しないと言えます。

 セキュリティホールに絞って考えると、インターネットに接続するソフトに限られます。メールを送るためにインターネットに接続します。この接続する瞬間に、他人に侵入されてしまうかもしれません。インターネットに接続するソフトを使っている場合は、ひょっとしたらセキュリティホールの可能性が潜んでいるのではないかと、常に考えるようにしましょう。

 セキュリティホールはその名のとおり、ソフトの穴になります。応急処置としてセキュリティパッチと呼ばれるプログラムをあて、セキュリティホールをふさぎます。

 セキュリティホールが発見されると、セキュリティパッチが公開されます。セキュリティパッチは、不具合のある部分だけを書き換えるプログラムになっているものがほとんどです。これらは、ダウンロードしたプログラムをダブルクリックする程度の操作でセキュリティホールをふさぐことができるます。

セキュリティパッチの入手方法

 セキュリティホールは発見直後が最も危険です。不具合の内容が報告されるため、その情報をもとに悪意のあるユーザーが侵入することが可能になります。

 セキュリティパッチをあてるには、Windows Updateのホームページを利用するのが便利です。自分のパソコンにどんなソフトがインストールされ、どんなセキュリティパッチをあてるべきなのかが一覧表示されるうえ、チェックボックスをチェックするだけで簡単にセキュリティパッチをあてることができます。

 マイクロソフト社製品のセキュリティホールについての情報は、ホームページの「TechNet Online」というコーナーで確認できます。ソフトごとに検索することも可能なので、自分が使っているソフトについてセキュリティパッチが公開されていないか定期的に確認するとよいでしょう。また「マイクロソフト プロダクトセキュリティ 警告サービス」というセキュリティ問題についてのメールサービスもあり、日々セキュリティホールの情報や、セキュリティパッチの入手場所が報告されています。

Microsoft Windows Update
http://windowsupdate.microsoft.com/
TechNet Online - Security
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/
マイクロソフト プロダクト セキュリティ 警告サービス 日本語版
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin.asp

 なお、セキュリティパッチは、パソコンで何か他の作業をしているときではなく、時間に余裕があるときにあてるほうがよいでしょう。なぜなら、セキュリティパッチをあてた場合、プログラムの一部分が書き換わるため、別の不具合が発生することも考えられます。


セキュリティ対策の必要性

ウイルス対策

ウイルス対策ソフトを使いこなそう

以下のサイトも参考にして、セキュリティに関心を持つように心がけてください。